経営アドバイス・コーナー

経営理念

社是

1 皆様と共に日々仕事ができることに「感謝」します。

「心」をこめて仕事を行い、笑顔で自利利他を実践します。

3 皆様と共に発展し、地域社会に「貢献」します。

基本行動10箇条

1.生かされていることに感謝、一日一日を真剣に生きます。

2.挨拶は人間関係の第一歩、明るく爽やかに大きな声で挨拶します。

3.素直な気持ちこそが成長の秘訣、何事にも謙虚な姿勢で臨みます。

4.サービスの根幹はスピード、取り掛かりは素早く、積極的に対応します。

5.「閾値」を超えるため、何事に対しても初期投資を徹底して行います。

6.会計人として独立性に徹し、法令を守り、プロ意識に徹します。

7.絶えず企業の立場に立って考え、予測を上回る対応をします。

8.人生はコンクール、時間とお金と努力を惜しまず、小さなことでも一番を目指します。

9.関与先のために全力を尽くし、お互いに成長発展します。

10.地域に根付き、適正な利益を確保しながら地域No1の事務所を目指します。

「自利利他」の理念の実践とは

TKC全国会の基本理念である「自利利他」について、TKC全国会創設者飯塚毅は次のように述べています。
大乗仏教の経論には「自利利他」の語が実に頻繁に登場する。解釈にも諸説がある。その中で私は「自利とは利他をいう」(最澄伝教大師伝)と解するのが最も正しいと信ずる。
仏教哲学の精髄は「相即の論理」である。般若心経は「色即是空」と説くが、それは「色」を滅して「空」に至るのではなく、「色そのままに空」であるという真理を表現している。
同様に「自利とは利他をいう」とは、「利他」のまっただ中で「自利」を覚知すること、すなわち「自利即利他」の意味である。他の説のごとく「自利と、利他と」といった並列の関係ではない。
そう解すれば自利の「自」は、単に想念としての自己を指すものではないことが分かるだろう。それは己の主体、すなわち主人公である。
また、利他の「他」もただ他者の意ではない。己の五体はもちろん、眼耳鼻舌身意の「意」さえ含む一切の客体をいう。
世のため人のため、つまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだ。
そのような心境に立ち至り、かかる本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心からの生き甲斐を感じるはずである。

自利利他